バイメタルとは|銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

BIMETAL

バイメタルとは

バイメタルとはサーモスタットメタルの略称で、2つの異種金属、または3つの異種金属が圧延接合されたものをバイメタルと呼んでいます。

バイメタルは、クラッドメタルの技術を用いて、熱膨張係数の小さい金属と熱膨張係数の大きい異種金属を圧延接合することにより、金属素子を熱変形させることを可能にし、温度計や温度調節装置などに利用されています。

◆ バイメタルの特徴

バイメタルは

・変形率(湾曲係数)
・固有抵抗値
・高温用に適したもの
・低温用に適したもの
・高感度のもの

等々により60種類前後のタイプがあります。
(以下、バイメタル特性値表をご参照ください)

バイメタル特性値拡大表示

◆ 使用例

こたつ
ヒーター
アイロン
ドライヤー
電気ポット
炊飯器

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社