THIN CLAD MATERIAL

薄いクラッド材

薄いクラッド材

薄いクラッド材として、銅・すず・ニッケルなど下記クラッド箔材の製造が可能です。
すず/銅 2層クラッド
すず/銅/すず 3層クラッド
ニッケル/銅 2層クラッド
ニッケル/銅/ニッケル 3層クラッド
銅/インバー/銅 3層クラッド
厚さ 0.035o 〜 0.100o
2o 〜 600o
クラッド各層の比率、厚さや巾および材種については、ご要求仕様にもとづいて検討させていただきます。
詳細は下記のお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

銅/アルミクラッド箔材

銅/アルミクラッド箔材は、銅とアルミの圧延接合材で高い導電率と材料単位当たりの重傷を小さく(軽量化)した、優れた複合材です。
銅/アルミクラッド箔材の比率は下記に参考例として表示しますが、異なったクラッド比率でも製造可能です。
また、現在最も薄いものは、厚さ35μmまで製造可能です。

◆ クラッド比率・比重・伝導率

クラッド箔材比率

◆ 銅/アルミクラッド材を使用するメリット

チェック軽量化

銅を100%使用するのに比べて比重の小さいアルミを銅とクラッドすることにより、単位当たりの重量を小さくする軽量効果があります。

チェックコストダウン

銅に比べて価格の安いアルミを銅とクラッドすることにより、材料コストを安くする経済効果がありあます。

チェック不可能を可能に

銅とアルミを溶接接合することが不可な部位(融点の相違等)に対して、銅/アルミ クラッド箔材を使用することにより銅と銅の接合、アルミとアルミの接合が可能となります。

◆ 寸法

クラッド箔材素材

◆ 素材

クラッド箔材アルミ銅大

◆ 化学成分

クラッド箔材化学成分アルミA1050

スズハンンダ/銅 クラッド箔材

スズハンダ/銅クラッド箔材は、スズハンダと銅の圧延接合材で、銅を母材とした2層または3層からなる複合材です。
 スズハンダと銅は原子間結合によりすき間なく強固に接合されているため、フラックスを使用する必要がなく、優れたハンダ材料です。
 下記に代表的なスズハンダ/銅クラッド材を提示いたします。ROHS対応可・不可や液相線温度、コストなどの点から使い分けされています。
 最も薄いものは厚さ10μmまで製造可能です。

◆ スズハンダの材種(代表例)

クラッド箔材スズハンダ銅3層クラッド材寸法

◆ 銅の材種

C1100、タフピッチ銅

◆ 用途例

キャパシター、ケーブルシールド、変圧器
自動車用窓ガラスのヒーター線
ソーラーセルとの接続
その他

◆ スズハンダ/銅/スズハンダ3層クラッド箔材の比率

薄いクラッドスズハンダ銅3層クラッド箔材
上記と異なる比率も対応いたします。

◆ 寸法

クラッド箔材スズハンダ銅3層クラッド材寸法

異種金属接合クラッド材専門技術商社
バイメタル・ジャパン株式会社