クラッドメタルの包丁とステンレス単一の包丁の違い|銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

FAQ

クラッドメタルの包丁とステンレス単一の包丁ではどのような違いがありますか?
また、クラッドメタルの包丁のメリットを知りたいです。

ステンレスと鋼鉄をサンドイッチした、クラッドメタルの包丁を見つけました。
鋼鉄なので錆びやすいとはと思いますが、ステンレスと挟んだクラッドメタルにすることで、どんな面が優れているのでしょうか?
またステンテス単一でできた包丁を今まで使用していましたが、切れ味も問題なく使えています。
ステンレス単一と比べ、クラッドメタルのメリットはどんなことでしょうか?

answer

クラッドメタルの包丁は手入れがしやすいうえ、安価で切れ味が良いです。

クラッドメタルのような割込み構造の包丁は、硬い鋼を柔らかい地金で包んだ形状になっています。
そのため、衝撃に強く、鋼の高度を高く設定することが可能です。
一方で、全鋼の包丁の場合、同様の硬度設定をすれば、床に落としてしまったときに、簡単に大欠けしたり割れたりする、使いにくい訪朝になりますし、包丁研ぎも困難です。
しかし、クラッドメタルの場合、鋼が葉先に出ていなければならないので、裏表を均等に研ぐ必要もあります。
炭素鋼かステンレス鋼かによっても硬さも違いますが、同じ硬度なら炭素鋼のほうがステンレス鋼よりも切れ味が良いです。
さらに、包丁を製造する際には熱処理に工夫を凝らしたりします。
現状では、炭素鋼+ステンレス地金のクラッドメタルの包丁は、ほどほどに手入れがしやすく安価で切れ味が良いので、ニーズが多くなっています。
最近はステンレス鋼にステンレス地金のクラッドメタルを使用した商品も出てきており、現在ではこちらのほうがクラッドメタル包丁の中では主流になっているようです。
料理が好きならば、どっちも持ってると食材に応じて使い分けることができるので、検討することをおすすめします。

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社