クラッド材が使われている製品|銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

FAQ

クラッド材はどのような製品に使われていますか?

クラッド材に興味を持っています。圧延接合により異種金属を接合すると言う認識だけはありますが、具体的にどのような業界で使用され、どのような製品が出来ているのか、何故クラッド材を選んだのか。単体の金属を選ばない理由はどうしてなのだろうと思いました。ご指導頂けると幸いです。

answer

自動車や鉄道に始まり、家電や建築材料まで幅広く使われています

クラッド材は一つの金属と他の異種金属に圧力を加えて圧延接合する技術のことです。圧力により金属と金属が原子間結合される圧延接合のため、表面に接着剤などは使わず剥離しにくい性質が特徴です。異種金属接合することで単体の金属では得られない機能を加えることが大きな利点です。
具体的な金属で例を挙げてみましょう。チタンとアルミのクラッド材は携帯電話やデジタルカメラ、ノートパソコンなどのカバー材に使用されています。軽いのに強く固い、更に成形性にも優れた材料となり加工しやすいです。チタンより安価なアルミを使用することでチタン単体よりも安価になります。芯材にアルミを使用することでチタンの熱伝導性の低さを克服できます。身体に優しいチタンでアルミを挟むことにより、アルミの身体に及ぼす影響を抑えることが出来ます。このように単体の金属では得られない利点を生むため、あらゆる業界、製品で使用されています。
このクラッド材を専門とする商社が神奈川県の藤沢市にあります。自動車や鉄道、飛行機をはじめ、電気、電池、家電、携帯電話や産業用機械、建築材料など、非常に幅広い業界へクラッド材を提供されています。コストダウン・軽量化・腐食防止・機能創出・これまでの問題解決を叶えてくれる素材ですから、益々需要は拡大されるでしょう。まだ世の中に出ていない金属どおしの接合も常時研究されています。製品や製造にお悩みを持たれている企業様があれば是非相談されるとよいでしょう。

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社