クラッド材ってそもそも何?|銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

FAQ

クラッド材ってそもそも何なのですか?

私は企業を経営していてさまざまな製品の開発に深く関わっているのですが、製品に使うことができる素材についてこだわっており、新しい素材があればとても興味を持ってそれについて調べてみることが多いです。
そして、最近になってクラッド材というものがあることを知ったのですが、不勉強なためこの素材が一体どのようなものなのかあまり理解しておらず、調べてみてもよく分かりません。
そこで、クラッド材というものが一体どのような性質を有している素材であるのかを分かりやすく教えてもらいたいです。

answer

クラッド材は異なる金属同士を接合する技術です

積極的に新しい素材に興味を持つことはとても大切なことですが、近年は新しい素材が続々と登場しているため、分からなくなってしまうのも無理はありません。
当社ではクラッド材を扱っており、多くの顧客に対して製品を提供しているのですが、クラッド材は異種の金属を接合する技術のことであり、これによって金属単体では得ることができなかった新しい性質や機能を生み出すことができ、より多様なニーズに対応できるようになっているのです。
たとえば、以前建築会社からの相談があり、より強度があって軽量化を実現でき、さらにはコストダウンを図ることができる素材を求めているとのことだったのですが、いろいろと打ち合わせを進めていった結果、チタンとアルミのクラッド材を開発することによって、両方の金属の良さを兼ね備えた新しい素材を生み出すことに成功し、こちらを提案したところ、建築のデザインを広げることができると喜ばれました。
このようにクラッド材というのは基本的に2つの金属を接合することができるものであり、他にもさまざまな素材を生み出すことができるため、きっとあなたの希望している通りの性質を備えたクラッド材を作り出すこともできるでしょう。
クラッド材を取り扱っている業者と相談をすることによって、いろいろな可能性のある素材を追求することができるのです。

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社