このままクラッド材を使用して大丈夫?|

バイメタル・ジャパン株式会社

FAQ

FAQ

このままクラッド材を使用して大丈夫でしょうか?

今まで商品の開発に伴い、研究者としていろいろな材料を探しベストなものを選んできたつもりでしたが、どうしても既存の金属だと思っているような数値を引き出せなくて困っていました。
しかし、今回たまたま御社のクラッド材というものに出会うことができて、求めている材料を使用することができましたが、まだお付き合いも浅くて接着剤も使用していないのに、接合面が本当に剥がれないのか心配です。
さらに御社では2層から7層までのクラッドが実現可能ということで、まだ3層までしか対応してもらっていませんが、それでも心配なのに、それ以上異種金属をつなげても大丈夫なのでしょうか?
これまで他社様でクラッド材を使用して、何か不具合が起きたことはないのでしょうか?
確かに御社の技術には感銘を受けて、クラッド材の可能性の凄さを感じていますが、今後の安心材料になるようなご説明があれば嬉しいので、どうぞ納得できるご回答をよろしくお願いいたします。

answer

これまでトラブルは一切確認されておりません。

まず、すでにお分かりのように、1つの金属と他の金属を、圧力を加えて圧延して接合するのがクラッド材の特殊技術です。
熱処理によって原子間結合されることで完全密着し、接合強化増加がはかられるために、剥離する心配はなく、これまで1件のトラブルも確認されていません。
クラッド材として使用できるのは、属性のある金属で、圧延によって伸びる性質を持った材料です。
具体的な金属については、ご相談いただければそれが可能かお応えいたしますので、今後のお取引の中で遠慮なくお伝えいただけるよう、よろしくお願いいたします。
お陰様でクラッド材の提供を通して、多くの企業様から感謝のお言葉をいただいております。
クラッド材は毎回異なるオーダーメイド品で、既製品ではないため、今後皆様のご希望によって異なるものがどんどん作られていくと思われますが、剥離に関しては絶対に起こらない自信がありますので、どうぞご安心ください。

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社