銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

クラッド材 FAQ

私たちはクラッド材を専門的に取り扱っている商社です。クラッド材とは1つの金属とほかの金属に圧力を加えることで圧延接合する技術のことです。さまざまな使用例が存在していて、私たちの確かな技術によって、顧客のニーズに応えてきました。クラッド材にはさまざまなメリットがあります。複数の金属の性質を併せ持つことができるため、性能を上げることができます。また、しっかりと接合することで、接合面の剥離の心配はなく、とても頑丈です。これまでに豊富な実績があり、たくさんの研究をしたことで培ってきた技術を駆使して、さまざまなタイプのクラッド材を製造してきました。すべて一貫体制による製造を行っており、質の高いクラッド材を仕上げることができます。クラッド材の設計については、さまざまな材料の組み合わせに対応しています。合材として使うものは、銅やステンレス銅、アルミ、ニッケルといったものです。母材として用いるのは、アルミや軟銅、ステンレス銅といったものです。これらの組み合わせを工夫することによって、さまざまな性質を持ったクラッド材を実現しています。クラッド材について何か疑問や要望があるならば、ぜひお気軽にバイメタル・ジャパン株式会社までご相談ください。

クラッド材

FAQ一覧

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社