クラッドメタルの種類ならお任せ下さい。

バイメタル・ジャパン株式会社

クラッドメタルの種類【ポイントとFAQ】

私たちはクラッドメタルを取り扱っている専門商社です。銅やステンレス銅、アルミ、ニッケルといった異種の金属同士を接合する技術を用いることによって、クラッドメタルを実現しています。それぞれの金属単体にはない特殊な性質を持った金属を生み出すことができ、さまざまなところに応用することができます。たとえば、銅と軟銅によるクラッドメタルでは、溶接性の改善を実現することができ、コストを下げることが可能です。アルミとステンレス銅によるクラッドメタルでは、軽量化を実現することができ、耐食性を向上させることもできます。ほかにも、さまざまなクラッドメタルを製造してきた実績があり、幅広い分野で活用されています。クラッドメタルを建築用やバッテリー用のアプリケーションとして活用することも可能です。当社は1999年に設立した会社であり、豊富な実績があります。クラッドメタルの用途は非常に幅広く、サーキットブレーカーや電気照明器具、電力計測器、サーモスタットなどにも使われています。相談していただければ、これまでにない新しい用途にクラッドメタルを使うことも可能です。クラッドメタルを実際に活用してみたい人は、ぜひともお気軽にバイメタル・ジャパン株式会社までご相談ください。

クラッドメタル

01クラッドメタルとは

クラッドメタルとは、1つの金属の表面に別の異なる金属の表面を、圧力を加えて圧延して接合する技術を用いて製造された金属を指します。
クラッドメタルは金属同士が圧力によって原子間結合されている圧延接合であることから、表面には接着剤等が使用されていなくて、剥離しにくい特質を持っています。
クラッドメタルは異種金属で構成できることから、単体の金属では絶対に得ることができない機能を持たせることができ、耐食性を良くした材料を組み合わせることも可能となっています。
高価な金属がどうしても必要な場合は、安価な材料の割合を多くすることによって、材料単価を大幅に下げることもできます。
他にも、単体の材料では得られない強度不足の解消や、その他の性能の向上をクラッドメタルなら図ることができます。
クラッドメタルを製造するには、豊富な知識と経験が必要であるため、製造に対応できる業者も限られています。様々な金属を組み合わせることができることから、その種類も無限にあり、まだまだ多くの可能性を秘めています。
メッキではできない非常に厚みのある貴金属層を形成でき、高寿命を要求される金属をつくることも可能です。

FAQ一覧

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社