クラッド材のメーカーならお任せ下さい。

バイメタル・ジャパン株式会社

クラッド材のメーカー【ポイントとFAQ】

私たちはクラッド材を専門的に取り扱っている商社です。クラッド材とは1つの金属とほかの金属に圧力を加えることで圧延接合する技術のことです。さまざまな使用例が存在していて、私たちの確かな技術によって、顧客のニーズに応えてきました。クラッド材にはさまざまなメリットがあります。複数の金属の性質を併せ持つことができるため、性能を上げることができます。また、しっかりと接合することで、接合面の剥離の心配はなく、とても頑丈です。これまでに豊富な実績があり、たくさんの研究をしたことで培ってきた技術を駆使して、さまざまなタイプのクラッド材を製造してきました。すべて一貫体制による製造を行っており、質の高いクラッド材を仕上げることができます。クラッド材の設計については、さまざまな材料の組み合わせに対応しています。合材として使うものは、銅やステンレス銅、アルミ、ニッケルといったものです。母材として用いるのは、アルミや軟銅、ステンレス銅といったものです。これらの組み合わせを工夫することによって、さまざまな性質を持ったクラッド材を実現しています。クラッド材について何か疑問や要望があるならば、ぜひお気軽にバイメタル・ジャパン株式会社までご相談ください。

クラッド材

01クラッド材とは

クラッド材というのは、2種類以上の異なる金属を圧延し貼り合わせた材料のことです。
一つだけの金属では得られなかった特性を持たせることができることから、高機能性金属材料としていろいろな目的に利用されています。
クラッド材は接合面に接着剤を使用するのではなく、あくまでも圧力によって金属と金属を原子間接合で貼り合わせることが大きな特徴です。熱処理によって金属間の原子間結合をより強靭なものにできるため、剥離する可能性が低くなっています。
クラッド材は2層から7層までにすることが可能で、大電流を流すことができます。圧延と熱処理により硬さを調節できるなど、クライアントのいろいろな要望に沿って製造することもできます。
クラッド材の断面は層のようになり、貼り付ける金属に安価な材料を選択することにより、材料費のコストダウンを図ることも可能です。
クラッド材の用途は豊富にありますが、電池部品、デジタルカメラ、プリンター、パソコン、キーボード、コネクタなど、私たちの身の回りでも多くのクラッド材が活躍しています。
クラッド材の需要はどんどん高まっていて、既製品ではないため、今後の可能性にも大いに期待できます。

02初めてクラッド材を利用する方が知っておくべきこと

初めてクラッド材と聞いて、それが何か答えられる方はほぼいないと思います。
クラッド材というのは、2種類以上の金属を、特殊な技術によって結合した金属のことで、1種類の金属では得られない多くの特徴をもっています。
2種類以上の金属が組み合わさることから、単体の金属では発揮できない機能を生み出せることは、業界に関係ない方でも容易に想像がつくと思いますが、たとえば、熱膨張係数の高い金属と低い金属を組み合わせることにより、金属を熱変形させることを可能にし、この原理はサーモスタットバイメタルに応用されています。
また、クラッド材ではどうしても使用したい高価な金属に、単価の安い金属を組み合わせることで、材料費を大幅に抑えることも可能となっています。
必要な部分だけに高価な金属を少量使用すれば、たとえそれが商品を構成するほんの1部分だとしても、トータルするとかなりのコストカットを実現させ、大きな利益を生み出すことを可能にします。
クラッド材の組み合わせは無限にあり、構成する金属の特性を併せ持つようになるため、金属としての性能の向上もはかれます。
接合面が剥離することもないため、安心して利用できるのが、クラッド材の大きな特徴の一つです。

初めてクラッド材を利用する方が知っておくべきこと

03クラッド材を使用するにあたって抱える3つの悩みを紹介

1.要望通りの材料を製造してもらえる?
クラッド材は、2種類以上の貴金属を組み合わせて製造してもらえることから、依頼者の理想の材料をつくってもらうことを可能にしてくれますが、そのためには製造業者との打ち合わせがとても大事になります。
既存の材料ではないことから、金属の組み合わせ方次第で性能が変わり、世界に一つだけの金属が出来上がるため、そのことを承知して的確な指示を依頼者側もしなくてはいけません。
クラッド材を提供している業者のすべてが、クライアントの理想を叶えてくれるとは限りません。

2.価格が思ったよりも高くなった
クラッド材は工夫次第では既存の材料よりも価格を抑えて、製造コストを下げることにも貢献してくれますが、性能を求め過ぎると材料コストが前よりも高くなってしまうこともあります。
材料にどの程度の機能や性能を求めているかをきちんと説明して、予算に合わせて希望を叶えてもらうようにしなくてはいけません。

3.品質が安定しない
クラッド材の品質が安定しないという悩みを抱える方もいるようですが、クラッド材は毎回オーダーメイドで製造されるため、金属の配合や依頼先を変えることなどによって品質が安定しないデメリットは起きてしまいます。
そのようなことがないようにするためには、信頼できる依頼先を一つに決めることをおすすめします。

04建築用クラッド材を2種類紹介

クラッド材 メーカー

クラッド材とは、2種類以上の異種金属を貼り合わせたもので、建築用としても幅広く使用されています。その一種である「チタン/アルミの2層クラッド材」は、チタンとアルミを組み合わせたもので、比重が鉄の約半分しかない実用金属中で最高の強度を誇るチタンを使用することにより、耐食性などの特性を活かしながらコストダウンを実現できます。軽量化と形成性の向上を図り、建築における自由度を広げることを可能にします。
銅とステンレスと組み合わせた「銅/ステンレスの2層クラッド材」は、外観は銅と全く同じであることから、銅独特の優雅さを魅せることができます。緑青加工も可能となっており、経年劣化で古くなった屋根を交換するときには、新品のときと同じ風合いに近い状態で再現できるようになっています。
ステンレスを用いることにより、比重が軽く軽量化も図れ、軽量でも強度面では銅よりも優れているため、板厚が薄くても高耐久を実現することができます。
屋根だけではなく雨どいなどの材料にも使用できるため、雨樋の腐食で困っている方たちの解決策にもクラッド材は役立ちます。
銅とステンレスを組み合わせたクラッド材を使用すれば、メンテナンス費用を抑えることも可能で、長期的に見るとコストダウンにつながります。

FAQ一覧

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社