クラッド材のメーカーならお任せ下さい。

バイメタル・ジャパン株式会社

クラッド材のメーカー【ポイントとFAQ】

私たちはクラッド材を専門的に取り扱っている商社です。クラッド材とは1つの金属とほかの金属に圧力を加えることで圧延接合する技術のことです。さまざまな使用例が存在していて、私たちの確かな技術によって、顧客のニーズに応えてきました。クラッド材にはさまざまなメリットがあります。複数の金属の性質を併せ持つことができるため、性能を上げることができます。また、しっかりと接合することで、接合面の剥離の心配はなく、とても頑丈です。これまでに豊富な実績があり、たくさんの研究をしたことで培ってきた技術を駆使して、さまざまなタイプのクラッド材を製造してきました。すべて一貫体制による製造を行っており、質の高いクラッド材を仕上げることができます。クラッド材の設計については、さまざまな材料の組み合わせに対応しています。合材として使うものは、銅やステンレス銅、アルミ、ニッケルといったものです。母材として用いるのは、アルミや軟銅、ステンレス銅といったものです。これらの組み合わせを工夫することによって、さまざまな性質を持ったクラッド材を実現しています。クラッド材について何か疑問や要望があるならば、ぜひお気軽にバイメタル・ジャパン株式会社までご相談ください。

クラッド材

01クラッド材とは

クラッド材というのは、2種類以上の異なる金属を圧延し貼り合わせた材料のことです。
一つだけの金属では得られなかった特性を持たせることができることから、高機能性金属材料としていろいろな目的に利用されています。
クラッド材は接合面に接着剤を使用するのではなく、あくまでも圧力によって金属と金属を原子間接合で貼り合わせることが大きな特徴です。熱処理によって金属間の原子間結合をより強靭なものにできるため、剥離する可能性が低くなっています。
クラッド材は2層から7層までにすることが可能で、大電流を流すことができます。圧延と熱処理により硬さを調節できるなど、クライアントのいろいろな要望に沿って製造することもできます。
クラッド材の断面は層のようになり、貼り付ける金属に安価な材料を選択することにより、材料費のコストダウンを図ることも可能です。
クラッド材の用途は豊富にありますが、電池部品、デジタルカメラ、プリンター、パソコン、キーボード、コネクタなど、私たちの身の回りでも多くのクラッド材が活躍しています。
クラッド材の需要はどんどん高まっていて、既製品ではないため、今後の可能性にも大いに期待できます。

FAQ一覧

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社