| 銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

BLOG

ブログ

2019年01月21日 [クラッド材]

クラッド材と出会えて本当に良かったです!

1つの金属の表面に、全く別の金属を接合したのがクラッド材です。
クラッド材には2種類以上の異なる金属が使用されていて、それぞれの金属の利点を活かした複合金属を作ることが可能となっています。
特殊な技術によって、金属同士が強固に接合されていて、接着剤は使用されていません。
クラッド材を使用できることになってからは、これまで不可能だった数値を出すことができるようになり、弊社にとっては可能性が無限に広がりました。
開発者としてもクラッド材を使用できることはかなり大きなメリットで、商売面でも、高価な素材を一定量に抑えて、必要ない部分に安価な材料を使用することで、材料費も抑えることができるため、利益も計算できて、以前使用していた金属をクラッド材に交換することで、同じ商品でも性能面がアップして、単価を抑えることができるので、利益が上がり値引きにも応えられるので、こんなに良いことはありません。
もちろん性能面でアップできるので、類似商品を販売する際には、単価もアップできますが、コスト面では安くなっているため、かなり大きな利益に繋げられています。
クラッド材は既製品ではない分、毎回異なる材料の組み合わせをしてもらっていますが、いつも面倒な注文をさせてもらっていて、貴社の担当者さんにはかなりの苦労をかけていると思いますが、無理な注文にも快く応じてもらえているので非常に心強いです。
今後も既存の商品にも使える範囲でクラッド材を利用していこうと考えているので、少量の注文も多くなると思いますが、その分新製品では大量注文も期待してください。

最強のクラッド材


2種類以上の異なる金属を貼り合わせているため、強度面で弱いのでは?と思われる方もいるようですが、クラッド材は、異種金属間の境界面が拡散接合していることから、結合状態は最強で、剥離する心配はほとんどいりません。
クラッド層を厚くできることから、大電流を流すことができ、異種金属のそれぞれの特性を活かすことができます。
これらのメリットを活かしながら、多層の積層化も可能となっているため、クラッド材の可能性は無限です。
弊社もクラッド材を自社製品に活用してから、注文数も劇的に増加していて、いつもいろいろな種類のクラッド材を作ってもらって大変ご苦労をかけていると思いますが、毎回納期に間に合わせてもらえて、難しい注文にも対応してもらえて感謝しています。


PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社