| 銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

BLOG

ブログ

2016年04月09日 [クラッド材]

クラッド材の特性と用途

imges

クラッド材の特性と用途


クラッド材と異は種類の金属の表面に圧力を加えて接合する技術で、原子レベルで圧着しているので表面に接着剤を使わず、剥離しにくい性質を持ちます。耐摩耗性、耐科学腐食性に優れてた鋼材として広く用いられてます、戦前には軍艦に使用する高圧蒸気機関になくてはならない材料で、現在でも原子力発電所や火力発電所で使用されていますが身近な所では家庭用の鍋などで見かけるようになってきました、その他にはキーボードばねや電池部品でも活躍しています。

imges

クラッド材の専門商社


クラッドメタル専門商社、バイメタル.ジャパン株式会社は、クラッド材(一つの金属と他の異種金属を圧力を加えて圧延接合する技術)のオーダーメイド専門店です。
他の金属と接合することにより、単一金属及び合金では達し得ない新たな特性を持つのが特徴のこの商品は、例えば、高価な金属を少し使って、安価な金属を多く使い材料単価を下げる事も可能で、ここではお客様のニーズにスタッフが対応し問い合わせにも答えるなど、豊富な使用例と技術を持った会社です。

imges

建築資材にクラッド材おすすめ


クラッド材とは、1つの金属の表面とほかの金属の表面を圧力を加えて圧延し、接合する技術です。
圧力によって金属と金属を接合するため、接着剤は使わず、剥離しにくい性質が特徴です。
これらを組み合わせることで実用金属中で最高の強度を持ち、安定した酸化被膜により優れた耐食性を兼ね備えた建築資材として使うことができます。
もしより頑丈でより美しく仕上げたいなどご要望がある場合はぜひこちらの素材を考慮してみてください。


PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社