クラッド材 No.3|銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタンなどの異種金属接合するクラッド材の専門商社【バイメタル・ジャパン株式会社】

バイメタル・ジャパン株式会社

クラッド材 No.3

クラッド材

爆着クラッド鋼の製造技術を調べていて

爆着クラッド鋼の製造技術を調べていてバイメタル・ジャパンさんを発見しましたが、お陰様でどうしても欲しかった材料を手に入れることができました。
クラッド材があればこれまでは不可能だった製品も用意に製造可能になり、既存の金属を利用するよりも単価も抑えられるので一石二鳥です。

クラッド材のことを知り開発チームも活気づいて、これまで以上にいろいろなアイディアが出てきて会社全体にも活気が出てきました。
特に近年では価格競争が激しくて値引きを迫られることも多かったですが、どこにもないオンリーワンの製品づくりをすることでその心配も軽減されて、クラッド材のお陰で全てが上手くいっています。

段落

摩擦圧接機メーカーの存在を知りバイメタル・ジャパンさんに

摩擦圧接機メーカーの存在を知り、異種金属を結合することでいろいろなメリットが得られることが分かりました。
この技術を用いれば溶接も必要なくできあがった材料の精度は高くなり、コスト面でも抑えられることが分かり、このような技術を持った企業を厳選してバイメタル・ジャパンさんに行きつきました。

バイメタル・ジャパンさんのクラッド材は1つの金属の表面と他の金属の表面を圧力を加えて圧延して接合する技術で、圧力によって金属と金属が原子間結合される圧延接合であるため表面には接着剤等は使用しないで剥離しにくい性質を持っています。
熱膨張係数の高い金属と低い金属を圧延接合すれば金属を熱変形させることができ、この時に安価な金属を多く使えば材料単価も大幅に下げられて単価面でも相談に乗ってもらえるのでこれまでよりも利益率を期待できるようになり、これはかなり大きなメリットです。

クラッド材を見つける前は新製品づくりにかなり息詰まっていて、既存の商品も材料費の値上げのために利益率が低下して困っていましたが、その両方の悩みをバイメタル・ジャパンさんが救ってくれました。

クラッド材

どんなに高い技術を持っていてもそれを上手くいかすための材料が見つからなくて先が見えなくなっていましたが、バイメタル・ジャパンさんと出会えて一気に未来が明るくなりました。
これまで断るしかなかった注文にたくさん受けられるようになったお陰で口コミで問い合わせも多くなって、今年に入ってラインが常にフル活動していて様子をみてラインを増やすことを本気で検討しています。
今後もどうぞよろしくお願いします。

PageTop

バイメタル・ジャパン株式会社